庭と畑と木の家づくり・・・郡山の樽川技建がお手伝いします。
siryou contact
OMソーラーが目指すもの。
もともと自然がもっている力を利用して、
快適な住まいを生み出すOMソーラーの家づくり。
その基本は、
いつの時代でも不可欠な「デザイン」「省エネ」「健康」
という3つの考え方で構成されています。
心地よさを追い求めることで手に入れた、
変わることのない価値がここにあります。

見えない熱と空気をデザイン。
自然界で生きる動植物には、その環境に適応するための理にかなった機能や造形 が備わっています。
日本建築もまた、自然との調和を図るためのさまざまな仕組みや様式が、先人よ り受け継がれてきました。
OMソーラーは、軒先から外気を取り入れて太陽熱で温め、その空気を床下へ運ん で部屋全体を温めます。

温かい空気は上に昇るという自然の性質を上手に利用して、建物を設計している のです。自然の変化にうまく対応することで、快適な住環境をつくり出す独自の 設計思想。
このパッシブデザインという考え方は、OMソーラーの家づくりのもっとも大切な 基本となっています。
OMソーラーのしくみ。
家全体を温める冬の床暖房、
風の流れで涼しい室内環境をつくる夏、
四季を通じて快適な暮らしを目指す、
OMソーラーのしくみをご紹介します。
太陽で床暖房する冬の働きが基本です。
太陽熱を集めて、蓄熱して、家全体を温めます。
冬のしくみMovie
夏のしくみMovie
冬の昼間〈太陽で床暖房〉
冬の冷たい外気を、屋根に降り注ぐ太陽の熱や太陽光発電時に発生する熱を利用 して温め、太陽電池で駆動するハンドリングボックス内の小型ファンの力を借り て床下に送ります。床下に送る途中でOMエアフォールを通過することで、清浄化 された空気が床下に広がり、コンクリートに熱を蓄えながら室内を温めます。
冬の夜間〈放熱〉
夕方、外気温がさがり始める頃から、昼間蓄熱された床下の熱が、ゆっくりと放 熱を始め、床を温めます。
夏の昼間〈排気とお湯採り〉
降り注ぐ太陽により熱せられた屋根の熱は室温に影響します。これを防ぐため小 屋裏の夏排気口から熱を排出します。この熱はただ排出するだけでなく、貯湯槽 の水を温めることに使用します。
夏の夜間〈外気取り込み〉
快晴の日の雲のない夏の夜は、放射冷却現象を利用して涼しい外気を室内に取り 込みます。冷房ほどではありませんが、ほんのり涼しい夏の夜を、と考えられた しくみです。
専用サイト「エコナビOM」で、これまで感覚でしかわからなかった温度や家の状 況が「見える化」されます。自分の家の状況が見えてくることで、生活が楽しく なるのはもちろん、さらなる省エネ行動や暮らしの工夫も生まれます。
日別、月別、年別で家の状況をグラフなどで表示。週熱量や発電量、CO2削減量 などをチェックできます。また、他のOMスマートネット参加者のデータと自分の データを比較できたり、自宅の熱量データ(電気、ガス、灯油、水道などの使用 量と費用)を手動で入力して記録。基準データや各項目ごとの平均との比較も楽 しめます。
※表示されるのは「公開可」住まい手データのみ。
OMソーラーの実例紹介



OMソーラーをもっと詳しく知りたい方へ

オフィシャルサイトをご覧ください。
http://omsolar.jp/
image 1
image 2
image 3
image 4
image 5

Access 2,211,243pv (2008.12.21〜) Today 725pv Yesterday 1,222pv Contents 1,086pages