記事詳細ページ

庭と畑と木の家・・・応援します、暮らしを楽しむ家づくり。
お問い合わせ

広い土地に2階建ては後々後悔する!?

家づくりの第一歩目の土地選び。

 

 

敷地の活用法は人それぞれですが、

「庭スペースを広く設けて、植栽や家庭菜園などを楽しみたい!」

という方以外は、

出来るだけ土地面積を小さく考える事をおすすめしております。

 

 

というのも、家づくりの終盤で、

ほぼ確実に理想と現実のギャップに

苦しむことになるからです。

 

 

具体的に言うと、

思い描く理想の「庭」と、

予算内で実現可能な「庭」との間に

大きなギャップが生まれ、

その調整に頭を悩ませることになるということです。 

 

 

土地は広ければ広いだけ、

手を加えなくてはいけないスペースも当然広くなるので、

その分お金がかかってしまい、

こだわりたい部分にも予算を掛けられなくなってしまいます。

 

 

かといって手を加えないと、草がどんどん生えてきたりと

手入れだけでも嫌になってしまいますよね。

 

 

ですので、Tarukenでは今からお伝えする内容を

土地選びの際にはお話させていただき、

出来るだけ理想と現実のギャップが生まれないようにしています。

 

 

 

■土地を出来るだけ小さくする

 

まず1つ目が、

冒頭でもお伝えしたように

出来るだけ土地を小さくするということです。

 

 

土地選びには、

全体の資金計画がとても重要なので、

資金計画から土地の予算を具体的に試算し、

どんな家を建て・いくらくらいかかりそうな家なのかも

把握したうえで土地選びをする事もおすすめしています。

 

 

こうすれば建てたい家に合う土地を買いやすくなるからです。

無駄に土地を余らせたら余らせたで、

その維持管理だって大変になりますので。

 

 

 

■土地に無駄な余白をつくらない

 

2つ目にやるべきことが、

土地に無駄な余白をつくらないように

家の設計をするということです。

 

 

例えていえば、平屋が建てられるのに、

わざわざ2階建てを建てないということですね。

 

 

住みやすさや使いやすさ、

そして居心地の良さといった機能面においても、

また耐震性や耐久性や温熱環境といった性能面においても、

平屋の方が、スペックが高くなります。

 

 

また、平屋でも家族のプライバシーが守られた間取りを

プランしていくことが十分に可能ですので、

わざわざ2階建てを選ぶ理由もなくなってきますよね。

 

 

まずは、この2つの条件をクリアすることが、

「庭」のコストを最小化するために重要になってきます。

 

 

安くて広い土地だからといって安易に買ってしまうと、

以外に高い買い物になってしまうケースも多いので、

庭の手入れを極力したくない方、

庭に特別なこだわりのない方は、

余計な外構費用や日常の手入れの手間を省けるように、

この2つの条件をしっかり押さえて、

土地選びをしていきましょう!

 

 

 

2022.05.07:[ SIMPLE NOTE / ブログ]
SIMPLE NOTE Taruken 庭と畑と木の家 建築家とつくる 火のある暮らし|ペレットストーブ・薪ストーブ 建築現場レポート 土地情報

Access 4,721,214pv (2008.12.21〜) Today 495pv Yesterday 1,161pv Contents 1,931pages