記事詳細ページ

庭と畑と木の家・・・応援します、暮らしを楽しむ家づくり。
お問い合わせ

子供部屋について考える

 

 

今回は、家づくりの際によく検討していただきたい

『子供部屋』について考えていきたいと思います。

 

 

というのも、子供部屋をどう考えるか?

そして、どうつくるかによって、

家のコストが全く違ってくるからです。

 

 

 

 

■子供部屋の位置を考える

 

まずは、子供部屋の位置から考えてみましょう。

 

 

一般的に2階に配置されるのが当たり前のようなイメージがありますが、

実際にそれは家を建てる全員にとって良い間取りでしょうか?

 

 

当たり前のように子供部屋を2階に配置するとなれば、

1階には客間やお子様の遊ぶスペースを兼ねた部屋が、

リビングとは別で必要となるでしょう。

 

 

お子様たちが小さいうちは、

2階にある自分たちの部屋を

すぐには使ってくれないからです。

 

 

結果、その余分な部屋のために、

余分なコストがかかることになります。

 

 

逆に、子供部屋を1階につくれば、

この余分な部屋をつくる必要がなくなります。

 

 

子供部屋を1階に配置し、かつ目の届く場所に配置すると

そのまま子供部屋でお子様を遊ばせることができますし、

親御さんが泊まりに来た時は、

子供部屋で寝てもらうのも可能になります。

 

 

親御さんが家に泊まりにくるのは、

お子様が小さい内までがほとんどですので、

その時期はまだ親と寝ている時期です。

 

 

そうなると、親御さんにそのまま子供部屋のスペースを

使ってもらえるという事です。

 

 

子供部屋のスペースを十分活用できます。

 

 

ですので、親御さんが来た時のことを考え、

わざわざ和室を設ける必要がなくなります。

 

 

 

 

■部屋の広さについて考える

 

次に部屋の広さについて考えていきます。

よく意見が分かれる項目です。 

 

 

やはり、最低でも6帖は必要だとお考えでしょうか?

 

 

広さを考える時は、

その部屋に何を置くのかを、

考えていただくことをオススメしています。

 

 

例えば、子供部屋に置くものが、

一般サイズのシングルベッドと

勉強机だけだとしたら、

その部屋は4.5帖もあれば充分です。

 

 

空いたスペースに収納を置くことも可能です。

 

 

広くつくればつくるだけ、

部屋に出来た余白スペースに、

家具や棚を置くようになり、

さらなる出費を生み出してしまうと共に、

部屋に閉じこもりやすくもなってしまいます。

 

 

テレビなども設置してしまうと、

なおさら部屋から出てこなくなってきそうですよね。

 

 

 

 

■子供部屋の数について考える

 

最後に、部屋数です。

お子様が1人、2人の場合は

そのまま子供部屋を2部屋と考えてもいいでしょう。

 

 

ただそれ以上の部屋数を考えるのであれば、

お子様がどのタイミングで使うのかを考えて

部屋数を決めるのをおすすめします。

 

 

お子様は子供部屋をすぐには使いませんし、

いずれは大学や就職などで家を出ていきます。

 

 

子供部屋も、下のお子様へうまく引き継いでいければ、

その分部屋数を減らすことも可能になってきます。 

 

 

お子様が多く、子供同士の年齢が離れている場合は特に考えたいですね。

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

 

家を建てるということは、

イコール子供たちのためでもあります。

 

 

だからこそ、もっとしてあげたいという

気持ちになるのも当然です。

 

 

しかし、そうすることによって、

家の予算が増えてしまい、

結果、日々の暮らしに影響が出てしまったり、

お子様の進路やあなた自身の老後に

影響が出てしまうとしたら、

本末転倒な話になってしまいますよね。

 

 

ですので、予算と照らし合わせながら、

出来るだけ省けるものは省きながら、

家づくりをしていただければと思います。

 

 

結果、良かったと思える家づくりになるでしょう。

 

 

2022.01.21:[ SIMPLE NOTE / ブログ]
SIMPLE NOTE Taruken 庭と畑と木の家 建築家とつくる 火のある暮らし|ペレットストーブ・薪ストーブ 建築現場レポート 土地情報

Access 4,792,184pv (2008.12.21〜) Today 1,490pv Yesterday 1,427pv Contents 1,970pages