記事詳細ページ

庭と畑と木の家・・・応援します、暮らしを楽しむ家づくり。
お問い合わせ

家の美しさと美しさの維持の秘訣とは?

 

Tarukenが建てるお家の中には、

白い外壁材を使ったお家が多くあります。

 

白い建物は非常に美しいからです。

 

 

また、白は熱を吸収しにくく、

家の中が暑くなりにくいというメリットがあり、

光も拡散しやすいため、

家の隅々まで光が届きやすく、

家全体がまんべんなく明るくなるというメリットもあります。

 

 

しかし、

そんな白い外壁を見てよく言われるフレーズがあります。

 

「汚れが目立ちやすいんじゃないの?」

 

「メンテナンスが大変そう・・・」

 

そしてそういった事を理由に、

白を諦めている方が多いのもまた、

家づくりの“あるある話"ではないでしょうか?

 

 

ですので、みんなが白という色に対して持つ

ネガティブな要素を解消するために、

Tarukenでは、そもそも汚れの原因となるモノを、

家の正面から極力排除しています。

 

 

いつも見える、また誰からも見える

正面が汚く汚れてしまうと、

どうしてもその汚れが気になってしまうため、

必然的に外壁塗替えのメンテナンス周期が

早まってしまいますので。

 

 

■家の汚れの一番の原因は「窓」

 

家の外壁を汚す一番の原因は「窓」です。

 

窓は外壁よりも外側に突き出すため、

その窓の上に土ほこりなどが溜まり、

雨の日、その汚れが窓の両サイドを

伝って流れていくからです。

 

 

また、屋根の先につける樋も、

基本的に家の正面につかないようにしています。

樋から漏れた汚れを含んだ水が外壁を伝って、

窓の垂れジミと同じように外壁を汚すからです。

 

 

その他、水回りに設置する換気扇の外部カバーなども、

窓同様に外壁を汚す原因となりますし、

エアコンの配管なども、

外壁を汚しつつ家の景観も損なう原因となるため、

なるべく正面に出ないようにしなければいけません。

 

 

これらの要素は、

ただ間取図だけを見てプランを決めていたのでは、

なくすことが非常に難しいし、

窓以外の要素に関しては、

立面図には基本的には記載されていません。

 

 

それゆえ、家が完成するまで気付くことが出来ず、

出来たお家を見てビックリ!?

なんてことも決して少なくありません。

 

 

■汚れないじゃなく、汚れにくくする工夫

 

外にあり雨風にさらされている以上、

家を汚れないようにすることは不可能です。

 

 

しかし、汚れにくい外壁材を使ったり、

汚れの原因となる部材をなくすことによって、

汚れにくくすることは可能です。

 

 

Tarukenでは、

表面が凸凹していない外壁材を使ったり、

メンテナンスしやすい外壁材を使ったり、

汚れの原因となる部材をなくすことで、

外壁が汚れにくい家にしています。

 

 

そして、その結果、

家の景観をシンプルで美しくすることが出来、

同時に、その美しさを長期間維持しやすくなるという

2つの相乗効果を生み出しています。

 

 

ということで、

より住みやすく、

同時に美しく、

かつ、その美しさを維持しやすい

住まいにしたいとお考えであれば、

いつでもご相談いただければと思います。

 

 

2021.03.18:[ SIMPLE NOTE / ブログ]
SIMPLE NOTE Taruken 庭と畑と木の家 建築家とつくる 火のある暮らし|ペレットストーブ・薪ストーブ 建築現場レポート 土地情報 分譲住宅2021

Access 4,029,988pv (2008.12.21〜) Today 544pv Yesterday 1,748pv Contents 1,715pages