記事詳細ページ

庭と畑と木の家づくり・・・郡山の樽川技建がお手伝いします。
siryou contact

日当たりのいい土地がすべて良いわけではない?

 

これから土地探しを始めるにあたり、

あなたが、土地に求める条件は何でしょうか?

 

子供が通う学校区を優先して

スーパーやコンビニなどが近所にある便利な場所?

庭でバーベキューができる位広さがある土地?

車がとめやすい広々した道路に沿っていること?

日当たりが良さそうな土地であること?

などなど、

様々な条件があるかと思います。

 

もちろん、土地探しは、

あなたの価値観や好みに沿ってするものなのですが、

資金計画から導き出された土地の予算内で

土地を選んでいただくために、

知っておくべき事実が2つあります。

  

まず1つ目が、

『日当たりが良い土地=良い家が建つ』

わけではない!ということです。

 

 

  

 

 

例えば、この図のように

南側接道としてA〜Cの3区画が、

北側接道としてD〜Fの3区画が、

新たに分譲されたとしたら、

あなたならどの土地を選びますか?

 

おそらくA〜Cの3つの中のいずれかではないでしょうか?

なぜなら、南側接道で日当たりが良さそうですよね。

一般的にもこういった分譲地の場合、A〜Cの土地から売れていきます。

 

では果たして、

このA〜Cの土地には、

良い家が建つのでしょうか?

 

 

■日当たりが良い土地に建つ家が抱える共通の問題点・・・

 

A〜Cのような日当たりが良い土地を購入した場合、

まず、間違いなく南側にリビングや居室を配置するでしょう。

そしてその南側には、多くの光を採り込む為に、

大きな窓を計画することになるでしょう。

 

しかし、よく考えてみて下さい。

 

その南側の窓は、カーテンで閉ざしがちになってしまいませんか?

なぜなら、大きな窓を南側に設置してしまうと、

家の中が外から丸見えになってしまうからです。

外からの視線が気になってしまっては、

家の中にいても、まったくリラックスできませんよね?

 

結果、中が覗かれないように、

日中でもカーテンで閉ざしてしまうことになります。

 

そうすると、家の中は明るいでしょうか?

おそらく、家の中が全体的に薄暗くなってしまうため、

晴れの日だったとしても、

朝から電気をつけなくては

いけなくなってしまうのではないでしょうか?

 

また、こういった丸見えの家は、

防犯性も悪くなってしまいます。

 

外から窓を見ただけで間取りが分かってしまいますし、

バルコニーなどで洗濯物を干す場合、

洗濯物が丸見えになりやすく、

泥棒に家族構成や仕事もバレやすくなってしまいます。

 

 

外構費用が高くなる・・・

 

家の中が外から丸見えになれば、

対策として、

塀や庭木や目隠しを設置して、

外からの視線を防ぐ計画が必要になります。

結果、外構工事に余分な費用がかかります。

 

 

土地の価格も一番高い・・・

 

日当たりが良い土地は、

誰もが欲しがる土地であるため、

一般的に人気があります。

そのため、価格も高く設定されています。

 

実際に、D〜Fに比べてA〜Cは、

坪単価が2〜3万円ほど高く設定されてケースも

多いのではないでしょうか?

同じ環境と利便性であるにもかかわらずです。

 

いかがでしょうか?

このように、日当たりが良さそうな土地は、

土地代も庭代も高くなってしまうし、

住み心地が悪い家をつくりやすくなります。

日当たりのいい土地だからといって、

すべて良いわけではないということです。

 

とはいっても、

たとえ価格が安かったとしても、

わざわざ日当たりが悪いD〜Fの土地の方が良い!!

とはなりにくいと思うので、

なぜD〜Fの土地の方が、A〜Cの土地よりも良いのか?

改めてお伝えさせていただきます。 

 

2020.06.18:[ SIMPLE NOTE / ブログ]
image 1
image 2
SIMPLE NOTE Taruken image 3
image 4
火のある暮らし|ペレットストーブ・薪ストーブ

Access 3,591,356pv (2008.12.21〜) Today 706pv Yesterday 1,476pv Contents 1,481pages