記事詳細ページ

庭と畑と木の家づくり・・・郡山の樽川技建がお手伝いします。
siryou contact

これからの土地探しの新常識

土地から購入して家づくりをされる場合、

今の家賃よりも数万円負担を増やした状態で

住宅ローンを組まれる方が多くいらっしゃいます。

 

しかし、本当は今の家賃位の負担が理想ですよね。

 

建てた後の暮らしやずっと先の将来まで考えると、

なるべくローンの負担は少なくしていきたいと誰もが考えると思います。  

 

では、それを実現するためには何が必要か?

 

それは、

・土地購入費用

・建築費用

・外構費用

この3点の費用を最小限に抑えるということが

まず必要になっていきます。

 

なぜか?

この3点は家を建てられるあなたの考え次第だからです。

 

今回はその中から、土地購入費用を最小限に抑えるために

知っておいていただきたい3つのコトについてお伝えしたいと思います。

 

 

その1:日当たりが良い土地は探さない!

 

家を建てる誰もが、

日当たりがよく、風通しがいい家にしたいと思い、

そういった土地を探すことでしょう。

 

しかし、

実際にそういった土地に建っている家をご覧になってみてください。

果たして、明るくて風通しがいい家になっているでしょうか?

  

こういった土地の場合、

住宅会社は当たり前のように南にたくさん大きな窓をつくります。

 

ですが、その窓は外から丸見えの窓となってしまいますよね。

そうすると、いつもカーテンを閉めたままになってしまいます。

 

それどころか、直射日光が強すぎて、

中には、シャッターまで閉め切っている家もありますが、

こうなれば、光はまったく入ってこなくなってしまいますし、

わざわざお金をかけてつくった大きな窓を、

さらにお金をかけ塞ぐことになってしまいます。

本当にもったいないですよね。

 

また、日当たりが良い土地は価格も高く設定されています。

そして、競争が激しいため、値引きも一切なく、

不動産屋さんの言い値で購入せざるを得ないため、

建築代に加えて、土地代までも割高になってしまうというわけです。

 

 

その2:不動産屋さんに土地選びをすべてまかせない!

 

不動産屋さんに土地を探してもらうのも、

無駄に出費を増やす原因となってしまう可能性があります。

 

というのも、

不動産屋さんは土地に関してのプロですが、建築のプロではございません。

それゆえ、形が良かったり、日当たりが良い土地じゃないと、

いい家が建てられないと思い込んでしまっているケースも多く、

それが実現しやすい形や日当たりが良い土地をオススメしてきます。

 

また、平屋を建てたいと伝えると、

無駄に20〜30坪も広い土地を提案されることになってしまいます。

 

そういった土地をそのまま購入してしまうと、

それだけで一気に返済金額2万円前後もアップしてしまうことも多々あります。

 

 

その3:正しい資金計画をするまでは土地を探さない!

 

そして、1番重要なポイントは、

あなたが土地に掛けていい予算を正確に理解していない状態で

土地を探さないようにするということです。

 

この状態で、土地探しをしてしまうと、

確実に土地に予算を使い過ぎてしまい、

気付いた時には、思ったような家を建てる予算が残っていないというようなことがおこります。 

家づくりには諸費用も多くかかってきますからね。

 

それゆえ、まずは資金計画を行うことによって、

土地に掛けられる正確な予算を把握し、

その予算の中で土地探しを始めるようにすることが、

なにより大切なことになってきます。

 

 

いかがでしょうか?

人生で1度の家づくり。

分からないことだらけで当然だと思います。 

 

土地探しにおいて重要な事は、

・まずは資金計画を行う

・ご自身の予算をきちんと把握してから行う

・気になる土地に出会ったとしたら、住宅会社に土地を見てもらう。

 そして出来ることなら、契約前にその土地に合わせて間取りを描いて

 もらってください。

 

これが土地から買って家づくりをする場合の最善の方法になりますので、

ぜひ参考にしてみて下さい。

 

2020.01.16:[ SIMPLE NOTE / ブログ]
image 1
image 2
SIMPLE NOTE Taruken image 3
image 4
火のある暮らし|ペレットストーブ・薪ストーブ

Access 3,480,079pv (2008.12.21〜) Today 557pv Yesterday 786pv Contents 1,394pages