記事詳細ページ

庭と畑と木の家づくり・・・郡山の樽川技建がお手伝いします。
siryou contact

坪単価で判断してはダメ!?

 

同じ材料を使って家を建てる場合

20坪の家でプランする場合と40坪の家でプランする場合では、

坪単価が大きく違ってきます。

 

例えば、どちらの家にもキッチンやお風呂などの水回りの商品に、

200万円かかったとしましょう。

この200万円を坪で割ってみましょう。

 

200万円÷20坪=10万円

200万円÷40坪=5万円

 これだけで坪単価が5万円も違ってきます。 

 

つまり、これだけの部分をとってみても、

20坪の家の方が、坪単価が高くなってしまうということなのですが、

その反面、総額で考えると、

40坪の家の方が圧倒的に高くなってしまいます。

 

例)20坪×坪単価80万円=総額1600万円

  40坪×坪単価60万円=総額2400万円

 

このように、

坪単価は、家が小さくなればなるほど必然的に高くなり、

大きくなればなるほど必然的に安くなります。

 

ですので、家の価格を坪単価で判断することは、

決して出来ないという事になりますよね。

 

では、坪単価に比重を置いて家づくりをしてしまうと、

一体どのような家になってしまうのでしょうか?

 

1.後々の出費が増えてしまう

 

先程の話の通り、

家の面積が大きくなればなるほど、

坪単価はどんどん安くなっていきます。

 

しかし、家の面積が大きくなればなるほど、

建築コストは、坪単価とは逆に

どんどん高くなっていってしまいます。

 

さらには、面積が大きい=体積も大きくなるので、

冷暖房効率も下がることになります。

毎月の電気代までも高くなってしまうんですね

 

また、家が大きくなれば固定資産税も高くなりますし

後々のメンテナンスコストも必然的に高くなってしまいます。

 

土地に関しても、

家が大きくなれば、その分広い土地が必要になり、

土地代にも多くのコストがかかってきますし、

土地の固定資産税も高くなってしまいます。

 

その上、外構工事のコストや、土地の管理の手間なども増えてしまいます。

 

坪単価に惑わされて、無駄に大きな家を建てる事は非常に危険ということですね。  

 

その2:チープな家になってしまう

 

家が大きくなると、

それに連動して建築コストが高くなってしまいます。

それが原因で予算をオーバーしてしまう見積になってしまった場合、

材料のグレードを落とさざるを得なくなってしまいます。

 

より安価な断熱材を使うようになってしまったり・・

より安価な外壁材を使うようになってしまったり・・

より安価な床材を使うようになってしまったり・・

 

結果、大きな家でもチープなつくりになってしまうのと同時に、

それぞれのグレードをおとした事により、

将来のメンテナンスコストが高くなるリスクも生じます。

 

いかがでしょう

 

坪単価が安い家は、

一見、お得な感覚で家を手に入れたように感じますが、

実は、イニシャルコストもランニングコストも高くついてしまいます。

 

一方で、坪単価が高い家は、

一見、割高に家を手に入れたような気分になってしまいますが、

実は、逆にイニシャルコストもランニングコストも安く済みます。

 

ですので、これから家づくりをされるあなたは、

家の価格を、坪単価ではなく総額で判断するようにして下さい。

そうすることで、本当に暮らしやすいコスパに優れた家が

建てられるようになるでしょう。

2019.12.26:[ SIMPLE NOTE / ブログ]
image 1
image 2
SIMPLE NOTE Taruken image 3
image 4
火のある暮らし|ペレットストーブ・薪ストーブ

Access 3,401,473pv (2008.12.21〜) Today 139pv Yesterday 835pv Contents 1,362pages