記事詳細ページ

庭と畑と木の家づくり・・・郡山の樽川技建がお手伝いします。
siryou contact

寒い家には住みたくない!というあなたへ

もうすぐ12月・・・

最近本格的に寒くなってきましたね!

仕事から帰ってくると、“とりあえず暖房をつける!”

なんて方も多いと思います。

 

この季節は特にですが、

お問い合わせ頂く方に、

どんな家にしたいですかとお尋ねすると

“冬寒くない家にしたい”と多くの方がおっしゃいます。

 

では、どんな家がいいのでしょうか?

 

もちろん、そのためには、

断熱性や気密性重要になってきますが

間取りにおいても、工夫が必要になってきます。

 

例えば家を平屋にするという事です。 

さらにいうと、家の面積を出来るだけ小さくする必要があります。

ただ勘違いしてはいけません。

人それぞれ、必要な家の間取りや広さは異なります。

 

ポイントは、

無駄を削り、あなたにあった面積の家にするという事です。

そしてそれが平屋だったりするんですね。

 

無駄なスペースがなくなり、面積が小さくなれば、

必然的に家の体積も小さくなり、暖房効率が高くなります。

 

そして、コンパクトな家を実現する上で、

絶対に欠かせない要素が、

廊下を出来るだけ作らないようにするということです。

あるいは、可能なら廊下を全くなくすということです。

 

廊下を作れば、部屋と部屋の間に空気層が出来てしま

部屋から空気が逃げてしまうことになります。

わざわざ廊下にエアコンを設置して、

室温をコントロールなど、基本されないと思うので、

誰もが、廊下に面するドアを全て閉め切っていますよね

 

しかし、そうすることにより家の中に温度差が生まれやすくなってしまいます

トイレや、お風呂場との往復が寒いのもつらいですよね。

 

なので、廊下を作らず、余分な部屋を作らず、

さらに余分な広さの部屋を作らず、

出来るだけ家をコンパクトにしつつ平屋で建てることが、

より少ない光熱費で温度差がない快適な住まいをつくるためには、

最も有効な手段なのです。

 

 ですが、コンパクトな平屋を建てることは、

以外に難しいものなのです。

というのも、誰もが“家づくりはこうだ”という固定概念に、

知らない間に縛られてしまっているからです。

 

いくつか挙げてみましょう。

・子供部屋は6帖必要

・子供部屋は2

・リビングの他には和室が必要

・家の価格を坪単価で判断してしまう

・平屋は高い

など、こういった固定概念を本当によく耳にしませんか?

もしくはあなた自身も知らないうちに同じ考えを持っていませんか?

 

 

また、平屋を建てるのを難しくさせるだけではなく、

家を無駄に大きくしてしまう原因としてあるのが、

の心の中にはある見栄です。

 

 友達家より小さな家を建てるのは・・・

あそこの家よりは大きくしたい・・

などと、思っていませんか?

 

 

このような壁があなたの前に立ちはだかっているため、

たとえ頭で理解していたとしても

家をコンパクトにすることは難しいものです。

 

ですが、よく考えてみて下さい・・。

間違った“固定概念”や、なくてもいい“見栄”の為に、

毎日、寒い家に住み続けられますか?

毎日、余計な光熱費を払い続けられますか?

 

金銭面から考えても、

これからは家づくりにお金を掛け過ぎることは賢明なことでありません。

 

大事な事は、

最大限に豊かな住まいと暮らしを

最小限のコストとつくりで実現する工夫です。

 

そしてその為に、

出来るだけ家をコンパクトに出来ないか?

ということを考えてみていただければと思います。

 

2019.11.29:[ SIMPLE NOTE / ブログ]
image 1
image 2
SIMPLE NOTE Taruken image 3
image 4
火のある暮らし|ペレットストーブ・薪ストーブ

Access 3,468,391pv (2008.12.21〜) Today 77pv Yesterday 825pv Contents 1,392pages