記事詳細ページ

庭と畑と木の家づくり・・・郡山の樽川技建がお手伝いします。
siryou contact

みなさんいきなり土地探しからはじめていませんか?

家づくりを進める上で、まず何からはじめるべきか。

以外に漠然としてしまいますよね。

そんな中、「まず土地がないと家が建てられないでしょ!」と

土地探しからはじめる方も多いと思います。

 

住宅会社によっては、「まずは土地が決まってから来てください」

と言われてしまうケースもあります。

 

たしかに、土地がないと家は建ちませんし、

スーパーやコンビニが近くにあったほうがいいとお考えの方や、

将来、お子様が通うであろう小学校、中学校の学区も考慮して選ぶ方、

職場との距離など、土地選びはとても大切な一つです。

 

しかし、本来は土地探し、土地購入からの家づくりは

あまりおすすめとは言えません。

 

なぜだと思いますか?

 

単純に土地そのものに使っていい予算が分からないからです。

 

土地を買おうと思えば、土地代金以外にも、

仲介手数料や登記代、それから水道や排水、境界費用といった

別途諸費用がかかってきます。

広告で出ている金額が決してすべてではありません。

 

また、不動産屋さんに土地を探しに行くと、

あたりまえのように、

よりいい立地の土地、

日当たりや環境のいい場所、

など条件がよりいい土地を求めてしまうようになり、

価格の高い土地を選んでしまうようになります。

 

そういった一般的に人気な好条件の土地を選ぶとなると、どうなるでしょう。

 

不動産屋さんから「早く決断しないと売れてしまいます」などと、

決断を急かされてしまい、

価格交渉の余地も全くないため、

割高価格のまま言い値で買わざるを得なくなってしまいます。

 

ここからがさらに注意ですが、

契約するまで知らなかった土地代以外の費用まで、

土地代金に加えて必要になってきてしまうんです。

 

では、どのように進めるべきなのか?

 

まずは、ご自身の予算を把握することから始めることが最も大切です。

 

つまり、

どれくらい出してもいい貯蓄があるか?

親御さんから援助が期待出来るか?

今後の生活のことも考えた上で、どれくらいの住宅ローンを借りるべきなのか?

もしくは、どのくらい借りることができるのか?

これらを明確にすることが重要です。

 

そして、それらを合わせた総予算を、

土地、家、土地・家以外に必要となる経費にそれぞれいくらずつ分配するか?

を決めることが大切です。

 

 この計画のことを【資金計画】と言います。

 

 これを具体的に行なった上で、どこに住むか?やどんな家にするのか?を

決めていくことが、非常に大切なこととなってきます。

 

ですから、資金計画の後に土地を探し始めるのが正しい順番なんですね。

 

 また、土地探しをする上でこれだけは覚えておいて頂きたい事があります。

 

良さそうな土地が必ずしもあなたにとっていい土地というわけではなく、

良くなさそうな土地が必ずしもあなたにとって悪い土地というわけでもない。

ということです。

 

良さそうな土地は、基本的に当たり前のように人気があり、

みんなが欲しがる土地になるため、価格交渉などもちろんできず、

割高価格のまま販売されます。

その結果、建物にかけられる予算が予想以上に少なくなってしまいます。

 

そこで、あなたの土地選びの大きな手助けをしてくれる存在となるのが住宅会社です。

 

なぜなら、自由設計である注文住宅では、

その土地が持つ特徴や環境に合わせて設計していくため、

その土地が持つ個性を最大限に活かし、

暮らしやすく、理想の住まいづくり提案することが出来るからです。

 

ですので、土地選びにおいては、

住宅会社と協力しながら行なうのが一番望ましいと思います。

 

このように進めていただくことで、土地選びも家の設計も、

予算と照らし合わせながら進めていくことが出来ます。

予想外の出費も、無くなるでしょう。

 

今回は文章のみでしたが、

最後までお読みいただきありがとうございました(^-^)

 

私達Tarukenでも、資金計画から御相談承っておりますので、

気軽にご相談頂ければと思います。

 

2019.09.05:[ SIMPLE NOTE / ブログ]
image 1
image 2
SIMPLE NOTE Taruken image 3
image 4
火のある暮らし|ペレットストーブ・薪ストーブ

Access 3,333,681pv (2008.12.21〜) Today 361pv Yesterday 1,051pv Contents 1,329pages