記事詳細ページ

庭と畑と木の家づくり・・・郡山の樽川技建がお手伝いします。
siryou contact

外から見ても間取りが想像つかない家

外から見ても間取りが想像つかない家:画像

ご自宅で心地よく暮らしていただくためには、

“防犯性““プライバシー性”2つの要素は、

非常に大切なポイントとなってきます。

 

しかし、現実的に防犯性とプライバシー性の両方の要素を

兼ね備えことはなかなか難しく、

実際建てられている家のほとんどが、

この2つの要素が全く満たされていなかったりします。

 

例えば、

あなたが南側道路の日当たりの良さそうな土地を購入したとしましょう。

人気の土地条件の1つになりますよね。

こういった土地の場合、

よく住宅会社に提案される間取プランとして、

まず玄関を南側に設置することが多くなるかと思います。

 

そして、1階のスペースは明るく保ちたいと考え、

南側には可能な限りたくさん大きな窓を

つくるようになるのではないでしょうか?

 

また、まるで当たり前のように

2階には子供部屋など、

それぞれのプライベートルームをつくり、

それらの部屋にも、可能な限り南側に大きな窓を設置し、

ベランダへと出られるように考えるでしょう。

 

そして、トイレやお風呂、それから洗面室といった水回りスペースは、

ほぼ確実に北側に配置されることになります。

 

洗濯物を干す位置も、

なんとなく想像できると思いますが、

キッチンか洗面脱室に設置した勝手口から外に出て、

お隣さんとの間のスペースに干すか、

周囲から丸見えのベランダに干すかのどちらかになりますよね?

 

多少の違いはあるのかもしれませんが、

ほとんどの家がこのような間取りプランになっていると思いませんか?

 

ここで、少し想像してみてください・・・

 

このプランですと、

外から窓を見るだけで間取りが丸わかりの家になってしまいますし、

夜になれば、誰がどこに居るのか一瞬で分かってしまいます。

 

また、洗濯物が丸見えになってしまっていれば、

家族構成なども、外から見ただけでなんとなく分かってしまいます。

 

これでは、防犯性・プライバシー性が守られたプランとは

言えません。

 

対策として、日中は、

最低でもレースカーテンをずっと閉めた状態にしてしまい、

せっかく室内を明るくする為にプランした南側の大きな窓も

全く意味がなくなってしまいます。

 

しかも、レースカーテンをしていたとしても、

周囲からの視線は、ある程度しか遮断することは出来ません。

 

部屋着のままで、

一日中室内で過ごすことも難しく、

リラックスして過ごしたい休日でさえも、

まわりからの視線を気にして生活しなければいけなくなってしまいます。

 

ですので、私達Tarukenは

防犯性とプライバシー性にもしっかり配慮しながら、

間取りプランを考えるようにしています。

 

 

 

もちろん、室内の明るさもしっかり確保しながらです。

 

そしてその結果、

自ずとデザイン性も優れた住まいが出来上がっていきます。

よくある常識的な間取プランとも変わってきますからね。

 

もし、あなたがデザインに優れていながらも、機能的にも優れ、

尚且つそんな住まいを現実的な予算で建てたいとお考えでしたら、

一度Tarukenのプランをご覧いただければと思います。

きっとご納得いただけるのではと思っております。

2019.09.04:[ SIMPLE NOTE / ブログ]
image 1
image 2
SIMPLE NOTE Taruken image 3
image 4
火のある暮らし|ペレットストーブ・薪ストーブ

Access 3,284,166pv (2008.12.21〜) Today 147pv Yesterday 671pv Contents 1,286pages